勃起不全の悩みはED治療薬で解決!

バイアグラが効く人と効かない人

バイアグラが効く人と効かない人

臨床試験からも被験者の有効率が高いデータが出ていたバイアグラですが、その中でも効果がなかった、効かなかった人がいることも確かです。バイアグラが効く人と効かない人ではどのような違いがあるのでしょうか?

 

まず、勃起不全が起こる原因は様々です。その原因によってはバイアグラを飲んでも効果が待ったからわれない人もいます。

 

アメリカで行われたファイザー社のバイアグラの臨床試験は、5000人近くと対象にしたとても大規模なものでした。そのうちの7割に当たる男性たちがバイアグラの効果を実感することができたようです。

 

また、心因性と器質性の勃起不全患者のうち、心身性の勃起不全患者に対しては実に8割以上の人が効いたと答えたといいます。もちろん心因性の勃起不全の患者さんは、基本的には体に異常がないわけですから、バイアグラの効果を十分に発揮できる環境だといえます。そのためにこのように比率に違いが出たのでしょう。

 

心因性の勃起不全の治療方法の一つにも、性行為に自信を持つことがあります。自信を取り戻すことにより勃起不全が治る可能性は十分にあるからです。心因性の勃起不全患者の中には、初めての性行為との気にパートナーにののしられたことが原因だという男性もいます。

 

何事もそうですが不安が高まってくると、いつもできたことが緊張でできなくなってしまうものです。心因性の勃起不全に関しても同じことが言えるのです。しかし、バイアグラを服用して一度でも性行為がうまくいくと、その経験が重なれば重なるほど不安が取り除かれ、バイアグラなしでも性行為ができるようになるケースも報告されています。



ホーム RSS購読 サイトマップ